流産後は妊娠しやすい?

流産は、とても悲しく辛いものですが、流産自体の可能性は10~15%といわれ、10人に1~2人は流産してしまうというのが現状です。そのため、初めての妊娠で流産が起こるというのは、特別なことといえないのです。 また、年齢が高くなればなるほど、子宮も衰えてくるので、流産の確率が高くなります。35歳以上で20%、40歳以上では30%と言われるほどです。

流産には様々なタイプがあり、その中でも胎盤が作られる過程(妊娠の初期)の妊娠12週未満での流産がもっとも多く、流産全体の80%を占めます。
主な流産には、妊娠のごく初期段階で、検査薬では陽性反応が出たのに、その後に反応が消滅してしまう「化学流産」があります。着床が長続きせずに妊娠に至らなかったためで、流産と診断されないことさえあります。
また、赤ちゃんが亡くなったまま、子宮の中に留まっている状態の「稽留(けいりゅう)流産」があります。子宮内の赤ちゃんや組織を取り出す「子宮内容除去術」もしくは「掻爬(そうは)手術」と呼ばれる手術がなされますが、手術をせず、自然に胎児が出てくるのを待つこともあり、これを「自然流産(完全流産)」といいます。

「流産後は妊娠しやすい」といわれますが本当でしょうか?
化学流産の場合は、子宮の状態に変化は無く、流産後の妊娠率は流産前と同じです。
「稽留流産」や「自然流産(完全流産)」のような、妊娠初期の段階で、子宮内で胎児が亡くなってしまい、母体外に出した場合には、子宮内の状態がリセットされるので、子宮は着床しやすい環境に整えられ、流産後は妊娠しやすいといえるでしょう。これは昔からいわれているというだけでなく、医学的にも証明されているようです。
また、流産後の母体のホルモン状態などが、妊娠に適した状態になっていることも考えられます。


妊娠しやすいとはいえ、次の妊娠への焦りは禁物です。
子宮は受精卵を着床させやすくなってはいますが、母体と子宮が完全に回復し、赤ちゃんの育つ環境に戻らないうちに妊娠すると、妊娠を継続できないことが多く、再び流産に至ってしまうことが多々あります。母体がしっかり回復するまで数カ月かかるため、健康的な出産に至るためには半年くらい待つのが望ましいといわれています。

流産後は妊娠しやすい体に整える

ほとんどの初期流産は、受精卵側にアクシデントで染色体異常や遺伝子異常が起こってしまったための自然淘汰で、二度目まではそう珍しいことではありません。 三回以上も流産を繰り返した場合は、受精卵の問題ではなく、母体側に免疫学的異常や子宮の形態異常があったり、夫婦のいずれかが染色体の構造異常の保因者であったりすることがあります。原因を調べ、治療を受けながら多くの方に出産が可能になっています。

治療するような問題がなく、流産の後に妊娠しやすい体をつくるコツは、これまでの妊娠と同じで母体を健康にすることです。そのために、毎日の食事と嗜好品に気を配りましょう。


食材は、栄養のバランスを考え、様々な食材を摂取することが勧められます。野菜や豆類、カルシウムが豊富な小魚・海藻類、貧血予防に必要な鉄分豊富な食材を選びましょう。葉酸は必要不可欠な栄養素で、妊娠前~妊娠初期には、特に意識して摂ることが推奨されています。
葉酸には、細胞の働きを正常に保つ働きにより、受精卵の着床を補助する働きや、流産を予防する働きがあるからです。また、胎児の先天性異常を防止にも役立ちます。さらに、葉酸は、ビタミンB6とB12と一緒にとることで、ホモシステインと呼ばれる「悪玉アミノ酸」を分解する働きがパワーアップします。ホモシステインは卵質を悪くしたり、流産や早産のリスクを高めるという研究報告があります。
清涼飲料水やレトルト食品、加工食品、スナック菓子などは控えめに。糖分や塩分が多く含まれ、体に良くない添加物の心配もあります。タバコやアルコールも控えたいものですね。
「〇〇は妊娠によい」とか聞くとそればかり食べたり、特定のサプリメントを大量に摂ったりする方がいますが、大事なのはバランス。偏りのない食事をメインにし、補助食品を上手に利用しましょう。

また、軽いランニングやウォーキングなど屋外で適度な運動もおススメです。体の健康だけでなく、ストレスを発散させるメンタルケアにもなります。 無理のない範囲でぜひ続けてください。

そして、妊娠をしやすくするために、基礎体温をきちんとつけ、排卵日に合せて子作りををするとよいでしょう。ただ、子宮内容除去術をした後は、基礎体温は安定しないものなので、自分で判断出来ないときは、医師に相談するとよいでしょう。

妊娠しやすい体作りに!葉酸サプリがおすすめ!

葉酸サプリ選びはココがポイント!

葉酸はビタミンB群の一つで、DNAの合成や修復に深く関わり、妊娠、出産の際の最重要ビタミンといわれます。厚生労働省も「妊娠前から1日400μgの葉酸をサプリメントで摂るように推奨」しています。葉酸サプリはたくさん販売されているので、どれを選んだらよいのか悩んでしまいますよね。実際、品質や安全性にはバラツキがあるようです。
そこで、どのような葉酸サプリを選らんだら良いのかまとめてみました。

葉酸サプリ選びのポイント
◎「合成(モノグルタミン酸型)葉酸」であること。「葉酸含有酵母」ならベター。
厚労省が推奨するのは、吸収率の良い合成(モノグルタミン酸型)葉酸です。また、合成葉酸を酵母に取り込ませて培養し、さらに栄養価を高めたのが【葉酸含有酵母】です。葉酸の原料として質が高くおススメなのは、この「葉酸含有酵母」です。ただ、高価になってしまうので、コストを抑えたい場合は、高い技術で製造された合成葉酸を選びましょう。
◎日本国内のGMP認定工場で製造されたもの。
海外での製造は、日本では禁止された成分や殺菌法が使用されるリスクがあります。
◎添加物が少ない製品を選ぶこと。
保存料や着色料等の添加物はもちろん、残留農薬や放射能検査もされている安心な製品を選びましょう。
◎ビタミンB群などの他、多様な栄養素が配合されている。
各栄養素は相互作用によってより効果的に働きます。葉酸は、他のビタミンB群と一緒の方がより効率的に働くという性質があります。特に、B6とB12が一緒だとベストですね。
◎厚労省の推奨量400μgが含まれている。
摂り過ぎは副作用を招きます。1日の上限量1000μg超えないようにします。

おススメ葉酸サプリは、【葉酸含有酵母】を原料にしたベルタ葉酸サプリです。上記をすべてクリアした優れもののサプリメントで、単品は5,980円(税込・送料無料)。その他にお得な6個セット、定期便なら続けやすいリーズナブル価格になっています。
サプリメントは、体質により合わないこともありますので、最初は単品で試すのが良いと思います。

ベルタ葉酸サプリなら妊娠に必要な成分を配合

妊活・妊娠中そして赤ちゃんのための栄養素をしっかり補給できる
厚労省推奨量の葉酸400μg/日を配合。それも、品質の高い天然型酵母葉酸(葉酸含有酵母)です。貧血予防に役立つ16㎎の鉄分、ママと赤ちゃんの健康のために不可欠なカルシウム232㎎をはじめ、ビタミンB群を含む27種類のビタミンやミネラル、栄養素の働きをサポートするアミノ酸20種類、18種類の野菜をバランスよく配合しています。仕事やつわりなどきちんとした食事が摂れないときのサポートにもなります。
美容成分も配合だからキレイになれる!
ローヤルゼリーの200倍の美容パワーをもつツバメの巣をはじめ、ヒアルロン酸、プラセンタ、コラーゲン、黒酢もろみ、珊瑚カルシウム6種の美肌成分もプラスされています。元気な赤ちゃんとキレイなママへ一石二鳥です。
こだわりぬいた安全性の高いサプリ
過剰摂取にならないように成分配合をしています。日本国内のGMP認定工場でしっかりした管理の下で生産され、香料・保存料・着色料などは無添加、第三者機関で厳しい残留農薬や放射能検査も実施。錠剤は楽に飲める小粒仕様です。さらに、出産経験のあるベルタ社員によるお客様サポートも行っています。